いま女性達の間で話題になっているトリキュラーですが、価格が安い上に服用する際の手軽さも大きな特徴となっており、効果も抜群だった為に、凄い勢いで広まりつつあります。そうは言っても気を付けたい点がありますので、ご紹介しておきたいとおきます。

トリキュラーについて話す女性たち

トリキュラーは、子宮内膜症による癒着の治療にも有効

トリキュラーは、一般的には低用量の経口避妊薬として知られていますが、子宮内膜症や更年期障害などの治療や症状緩和改善に用いられています。子宮内膜症は、20歳代よりも40歳代の月経の期間の長い女性に多く発症する傾向があり、更に月経周期が短い女性の方が発症リスクが高いとされ、日常の食生活の急激な変化や初潮年齢の低年齢化、出生率の低下により子宮内膜症の患者が年々増加しています。子宮内膜症は、エストロゲンなどの女性ホルモンによりコントロールされている子宮内膜が、子宮内腔以外の部位で増殖してしまう疾患です。子宮内膜の組織は、月経により剥離後経血と共に体外に排出されますが、卵巣や卵管、ダグラス窩、腹膜などの部位で増殖した子宮内膜組織は排出する事が出来無いので、剥がれ落ちた組織や血液が子宮内膜が増殖した部位に留まり癒着を引き起こします。その為、卵巣チョコレート囊胞や深部子宮内膜症、腹膜子宮内膜症などを発症します。トリキュラーは、排卵抑制作用や受精卵子の着床阻害作用により子宮内膜組織の肥厚や剥離を抑制し、子宮内膜症による癒着や症状を緩和改善する効果があります。トリキュラーは、月経周期の初期の女性ホルモンの摂取量を可能な限り軽減し、月経周期の7日目と12日目に女性ホルモン剤の摂取量が2段階で増量しています。その為、1回の月経周期で摂取する女性ホルモン剤の総量を軽減し、より自然なホルモン摂取で身体への影響を最低限に抑え、副作用を軽減しています。しかし、トリキュラーは、女性ホルモン剤の含有量が最小限に軽減され避妊効果が短時間で喪失するので、治療と併せて避妊効果を期待する場合は飲み忘れには気を付ける必要があります。